外国人出会いマッチングアプリ&サイトランキング

外国人マッチングアプリ.com

外国人と出会える場所

反日国の外国人とも出会える?反日国一覧とその理由まとめ

投稿日:

反日国

外国人と出会いたい人は、その国の文化や歴史的背景もある程度知っておいた方がいいです。外国人とうまく付き合っていくには、相手の国の事情も知る必要があります。

 

反日国の外国人とは親日国の外国人と比べて、距離を縮めにくいです。しかし、反日国だからと言って出会えないわけではありません。なぜなら、反日かどうかはその人次第だからです。

 

このページでは、「反日国の外国人と出会えるのか?どの国が反日国なのかをまとめた反日国一覧」を紹介していきます。外国人との出会いを探している人は、必見です。

 

 

反日国の外国人との出会いは可能?

疑問

親日国がある一方で、反日国も残念ながらあります。しかし、反日国だからと言って出会えないわけではありません。反日かどうかは国で決まるのではなく、その人次第なのです。

 

確かに、反日国には日本を良く思わない外国人が多いですが、全員がそうだというわけではありません。一部の世代だけがそう思っているだけというケースがほとんどです。反日国出身の外国人でも日本が好きな人もたくさんいますし、現に日本で生活をしている人がたくさんいます。

 

反日国というだけで出会いを諦めるのではなく、その人をよく知る努力をしましょう。少しずつ距離を縮めていけば、反日国の外国人とも関係を発展させるのは可能です。実際に多くの日本人が、反日と言われている国の人と交際もしています。

 

反日かどうかは国ではなく、その人次第なので「反日国」という言葉に信憑生はないのです。

 

昔に比べて「反日国」が少なくなり今は外国人とも出会いやすい時代

戦後直後は反日感情が強い外国人がたくさんいましたが、今はそこまで反日感情を表す外国人はいません。むしろ、反日国と言われていた国も次第に親日に近づいてきています。

 

反日国が日本をよく思えないのは「戦争」が理由ですが、今はその清算も終えていますし、時間もかなり経過しています。まだ揉めている部分もありますが、以前に比べるとどの反日国とも仲が深まってきました。

 

反日かどうかはその時の政治体制にも左右されるので、国がぶつかり合っていても国民はそうは思っていないのがほとんどです。政治情勢に左右されず、その人を出身国ではなく一人の「人間」として向き合っていけば、反日国出身の人とも上手に付き合っていけます

 

 

反日国一覧&理由まとめ

ここでは、反日国一覧とその理由を紹介していきます。どの国が反日国なのかが分かれば、その人に対して慎重に接したり、上手に付き合う事前準備が可能です。

 

ただ、ここでいう反日国とは「歴史的または政治的なもの」です。反日国として紹介した外国人だからといって、出会えないわけではありません。今回紹介する国の中には、反日と言われていても日本人のことは大好きという人はたくさんいます。

 

以下が、歴史的または政治的な要因から、反日と言われている国です。

  1. 韓国
  2. 北朝鮮
  3. 中国
  4. ロシア
  5. フィリピン

 

①韓国

ニュースでもよく反日と取り上げられる機会が多いのが、韓国です。韓国とは、領土問題や慰安婦問題で国同士が衝突しています。戦争で敵同士だったので、反日感情を未だに持つ人がいるのは事実です。

 

しかし、実際はそこまで反日の韓国人は多くありません。特に10代から30代の若い世代は日本に友好的です。若い世代は過去の問題にそこまで執着していないので、「今の日本」をしっかりと見てくれます。

 

私は韓国に良く旅行に行きますが、若い世代の人も屋台のおばちゃんも本当に親切です。政治的に問題はまだありますが、国民はニュースで取り上げられるほど反日感情を持っていないのが実情です。

 

②北朝鮮

北朝鮮は、日本にかなり反日感情が強い国として有名です。ミサイルを日本の上空に頻繁に飛ばし、挑発行為をしていたのも記憶に新しいですよね。

 

北朝鮮は自国に問題があるたびに日本を挑発し、支援をするように働きかけます。北朝鮮は独裁国家ですから、国民もトップの意思に従うしかないので、反日感情を剥き出しにしています

 

アメリカと会談をしたのをきっかけに日本とも国交が回復するかもしれませんが、反日感情はしばらく取れないでしょう。

 

③中国

中国は、国を挙げて反日教育を未だにしている国として有名です。中国が反日になった1番の理由は戦争ですが、アジアで発展し続けている日本に危機感を感じているという理由もあります。

 

結局は政府が反日感情を抱くように国民を教育しているのですが、今はネットが普及しているので国民の多くが事実を知りだしています。国で見ると反日感情がアジアの中で最も強いですが、日本に旅行したり、留学する中国人が増えてきました。

 

実際に中国人と接してみると、優しく礼儀正しい人もたくさんいます。

 

④ロシア

ロシアとは北方領土問題もあり、過去に交戦していたので反日国と言われています。しかし、ロシアを訪れた多くの人がそのイメージが180°変わったと口を揃えて言います。

 

ロシア人はかなり親切で、日本に興味を持つ人が多いです。歴史的な問題はあっても、国民の多くは日本に親近感を持っているので反日国には入らないかもしれません。

 

⑤フィリピン

日本は戦時中にフィリピンを支配していたので、日本に対してフィリピン人は悪いイメージを持っていました。今も高齢者はそう思っている人も多いですが、ほとんどの人は日本を好きになっています。

 

フィリピンに進出している日本企業も多く、現地では雇用拡大にも繋がっています。このような背景もあり、日本に親近感を抱くフィリピン人は増えてきているのが実情です。

 

 

反日国の外国人と仲良くなるコツ

反日国の外国人でも、仲良くなるのは可能です。反日と言われていても、それは国と国同士の話なので、人で見ていくとそこまで反日感情はありません。そのため、反日国出身の外国人とも仲良くなれます。

 

少し意識して付き合えば、誰でも簡単に反日国出身の外国人と上手く付き合えます。以下が、反日国の外国人と仲良くなるコツです。

  1. 国で判断するのではなくその人としっかり向き合う
  2. 相手の国の歴史的背景をある程度知っておく
  3. 政治の話はあまりしないようにする

 

以上のことを意識するだけで、反日国の外国人とも仲を深められます。外国人との出会いの確率を上げるために、実践してみてください。

 

 

外国人との出会いはマッチングサイトがおすすめ

サンセットとカップル

外国人と出会いたい場合は、マッチングサイトを利用するのがおすすめです。反日国と言われていても、日本に在住している人の多くは親日的なので、交際しても良い関係を築けます。

 

マッチンングサイトを利用すれば、日本在住の外国人をすぐに検索できるのでおすすめです。また、条件指定ができるので理想の外国人と出会えます。マッチングサイトの中でも、特におすすめなのが「Match.com」「Pairs」です。

 

この2つのマッチングサイトは「検索機能」も豊富で、1日あたり缶ジュース1本程度の料金で外国人と出会えます。外国人ユーザーもたくさん登録しているので、あなたの理想とする外国人と出会えるマッチングサイトです。

 

真剣な交際、結婚も見据えた本気の出会いを探している人は、Match.comとPairsを利用してみてください。

 

 

まとめ

反日国と言われていても、実際国民はそこまで反日感情を持っていないのがほとんどです。国で判断するのではなく、人で判断すればどんな外国人とも仲良くできるでしょう。

 

特に、日本在住の外国人は日本に興味があるから住んでいます。日本在住の外国人とは関係を発展させやすいので、真剣交際も可能です。マッチングサイトを利用すれば、外国人と簡単に出会えるので利用してみてください。

 

おすすめのマッチングサイトは、「Match.com」と「Pairs」です。

 

外国人と出会うために使うべきマッチングサイト

Match.com

マッチ・ドットコム

外国人と出会うためにまず一番最初に使うべきマッチングサイトです。

日本に住んでいる外国人や、日本語を話せる外国人を指定して検索できる機能があるため、自分の望む条件に合致した外国人と出会えます。

Pairs

pairs3

Pairsは日本人同士でのマッチングサイトとして有名である一方、外国人と出会うためにも使えます。

マッチングする相手を「外国人」だけに指定できるので、効率良く外国人と知り合うことが可能です。

台湾でもPairsを提供しているので、台湾人や中国人の外国人とも出会いやすいです。

Omiai

恋をしよう

Omiaiは、日本在住の外国人を探せる機能が充実しているので、日本在住の外国人と出会いたい人におすすめです。

ただし、日本国内のみでサービスを提供しているので、海外在住の外国人とは出会えません。

-外国人と出会える場所

Copyright© 外国人マッチングアプリ.com , 2019 All Rights Reserved.